Fancy some world class whistling?
世界2位の口笛演奏はこちら↓
Classical  Jazz 

Merry Christmas Philippines and a Happy New Year

9月。フィリピンがクリスマスシーズンに入ってから、早くも10日経った。 あなたの読み間違いではない。かといって、フィリピンがグレゴリオ暦に従っていないわけでもない。そもそもこの国はカトリックが多数派で、スペイン統治時代から西暦を使っている。ただ単純に、12月25日への助走が異様に長いだけなのだ。 フィリピンには3つの季節がある。夏、台風、そしてクリスマスだ。3-5月にかけては晴れの日が続き気温も35度を超える。6月に入ると雨季が始まり、熱帯低気圧がいくつもやってくる。そして9月1日になると、待ちに待ったクリスマスが解禁される。 そう、解禁されるのだ。 というのも、フィリピンでは「BER」のつく月、つまりSeptember, October, November, Decemberはクリスマスシーズンとされている。だから9月1日になると、ショッピングモールにはツリーが立ち、店内のBGMには一斉にクリスマスキャロルが流れ始め、テレビではクリスマスソング特集をやるのである。4ヶ月間に渡るクリスマスシーズンの幕開けである。日本雑貨のお店に至っては山下達郎やユーミンの和風インスト版を流しにかかってくる始末だ。それじゃ地元民には全くわからないだろうに。 もちろん、全てのフィリピン国民が4ヶ月間鼻からクリスマスソングを垂れ流しているわけではないし、全てのツリーが9月1日から立っているわけではない。分別のあるところでは11月後半から徐々に飾り付けをしていく。それにイスラム教徒の人たちから見れば関係ないし、キリスト教徒でも人生の1/3がクリスマスであることにうんざりしている人たちもいるだろう。しかし事実、多くのフィリピン人はこの時期を待ち遠しにしているのだ。 今日なんか、帰り道に交差点の信号待ちで、盲目のストリートミュージシャンがハーモニカで「サンタが街にやってくる」を吹いていた。投げ銭受けの容器をシェイカーに、ちょっとリズムを崩した演奏。踏んだり蹴ったりだった一日の終わりに聴くと本当にクリスマスが来た様な気がして、不思議とセンチメンタルになってしまったので、ちょっとだけシェイカーの音量を上げておいた。 さて、伝統的には七面鳥の丸焼きを食べるはずのクリスマスに、日本ではKFCの戦略でチキンが覇権を握っているが、フィリピンのクリスマス料理は甘い大きなボンレスハムとこれまた非常に甘いトマトスパゲティ、そしてエヴァミルクベースの甘いマカロニスープである。会社によってはクリスマス祝いに社員にこれらの材料を配ったりするが、半年以上経っても社内の冷凍庫にハムの塊が複数入ったままという目撃証言もあるので、みんながみんな同じものを食べるわけではないのかもしれない。ちなみに、スパゲティとマカロニスープに関しては誕生日祝いでも定番の料理である。一体何が起源なのだろう。別に大して知りたいとも思わないけど。 今から3ヶ月半後、12月25日がクリスマスの日であるが、本来クリスマスはキリストの誕生祝いであるから、1月6日の公現祭(東方の三賢人がキリストに逢いに来た日)まで続く。誕生祝いなのだから前ではなく後に続いた方が自然なのだが、日本では大晦日や正月に備えて25日で終わってしまっている感じがある。一方、フィリピンでは近年、「バレンタインまで何もないのは寂しいからクリスマスを伸ばそう」という風潮ができつつあるらしい。只でさえ年間の1/3がクリスマスだというのに、恐ろしいことにそれを更に延ばして一年の約半分をクリスマスにしてしまおうというのである。バレンタインの始まりが早くなるのとどっちがいいかと聞かれると困るが、そこまで来ると有り難みもへったくれも無くなってしまう。 さて、先ほどの帰り道の交差点。交通量が異常に多く、最近やっと信号が設置されたのだが、困ったことに待ち時間が非常に長い。1回渡るのに2分以上待たされる上、4箇所のうち1箇所には横断歩道がないため、「コ」の字に移動しなければならず、十数メートルの距離を移動するのに5分以上かかる。しかも、信号機がなぜか片方の道にしか付いていないため、交通整理員が配置されていて、ズルもできない。どこかの建物の上から監視もしているらしく、スピーカーからリアルタイムかつ人力の指示も流れてくる。そんな交差点でたくさんの人々と歩行者用信号が青になるのを待っていると、なにやら男子高校生の一群がカウントダウンをしている。3、2、1。 「ハッピーニューイヤー!」 クリスマスでも早いのに、もう新年とは。あまりにくだらず、思わずくすっと笑顔になってしまった。そんな、年末気分の9月のある日。

My whistling is used in a TV ad in Australia! オーストラリアのCMで口笛が使われました!

My whistling performance of Csárdás (Vittorio Monti) is used in a major national TV/web ad in Australia! オーストラリアのテレビ・Webの全国CMで私の吹いた口笛(チャルダッシュ、モンティ作曲)が使われています! It’s an advertisement for a 2-year mobile subscription campaign by OPTUS, one of the top players in the Australian telecom market.  They say that when the coverage is not satisfactory, you can …

カメレオンの流儀 – A l’école du caméléon [マリの詩人 アマドゥ・ハンパテ・バ]

フランス語圏アフリカの国であるマリの詩人、アマドゥ・ハンパテ・バ(1900-1991)のこの詩。カメルーン留学時代に教わったのですが、どこの地に行ってもカメレオンのように「色」を変えて溶け込む、ということで自分に重ねていて、ことある度に思い出します。とても好きなのですが、日本語どころか英語にも翻訳されていないようで、非常に勿体無いと思ったので、この度自分で日本語に訳してみました。

口笛が吹けるようになるコツ

スタジオラグさんでの連載その1です。

英語ネイティブへの道#5 “heap”

フィリピンはバナナがとても安くて美味しいです。フィリピン産バナナってよくあると思いますが、実際にフィリピンに来ると市場に「バナナ屋」があるぐらいで、ぱっと見わかるだけでも最低5種類ぐらいの大きさ・太さ・形の違うバナナがこれでもかというぐらい並んでいます。日本で食されているのはキャヴェンディッシュ種といういちばん当たり障りのないやつで、逆にこちらではあまり見かけません。皮をむくとオレンジ色の「ラカタン」、小さな「セニョリータ」、調理用の「サバ」などいろいろあるのですが、私のお勧めは「ラトゥンダン」。

英語ネイティブへの道 #4 “shard”

まだ引っ越したばかりで掃除機を買っていなかった頃の話。 安いガラス製の水差を二つ冷蔵庫に入れて冷やしていたのですが、片方を冷蔵庫に戻そうとした瞬間「がしゃん」と嫌な音がして、気づけば冷蔵庫のドアポケットが上から下まで水浸し、そして大量のshard(しゃーど)が。

英語ネイティブへの道 #2 “barnacle”

先日二人で風邪を引いてしまい、この間フィリピンに遊びに来ていた親友とよけんに作ってもらったばかりのスペイン風にんにく唐辛子野菜スープを再現。器にどでーんと盛ったじっくりことこと煮込まれた丸ごとオクラをつまみ上げると、いい具合にオクラの中腹ににんにくの先端がのっかっている。 (↓再現図) Y「これってあれみたいだよね、あの…」